BCL・・・・・みたいなこと(2)

これは、当時(1979~80頃)に子供向けに出ていたBCL関係の商品。 BCLブック・昭和55(1980)年版。 放送局に受信報告をするためのレポート用紙。 表紙 中身 レポート用紙を購入した「せいでんパーツ」も、今は思い出になってしまった。 これらの商品の開発にかかわった、山田耕嗣氏・・・当時のBCL愛好者とっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つまらない正月特番

あちこちの放送局でありきたりの正月特番がまだなお続く。 以前は元旦を挟んだ一週間くらいがそうした特番の時期だったかと思うが、昨今は 先月中旬から一か月近くレギュラー番組に代わって特番が続く。うんざりだ。 ところでこれは、以前ディアゴスティーニから刊行されていた「昭和タイムス」。 1972(昭和47)年の表紙である。 この雑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BCL・・・・・みたいなこと(1)

今からもう30年ほど前、私が中学生くらいの頃「BCL」という趣味が流行した事があった。 BCL・・・・「BroadCasting Listening」の略で、単純に訳すと ラジオを聴く、という事なのだが、主に海外からの短波放送、日本国内でも地元から離れた 遠方の局の番組を聴取して、それをレポートにしてその放送局に送り、それが間違い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学校

神戸新聞の記事によると、私の卒業した丸山小学校の校舎が全面改築されるという。 http://www.kobe-np.jp/news/kobe/0002575796.shtml あの95年の震災の前から耐震性が問題視されていたらしいが、とうとう建て替えられるらしい。 幼い頃慣れ親しんだ校舎が消えるのは寂しいが、小子化に伴い学校の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2010年代の展望(1)鉄道 その1

あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 振り返れば10年前、2000年代が始まった時に最初に飛び込んできたのは、 東海道・山陽新幹線列車の食堂施設、わずかに残っていた100系「グランドひかり」の 食堂車、それに「ウエストひかり」のビュフェが3月に全廃される、という事だった。 そしてその後、東北新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゼロ年代」の終わり

5か月間も放置していたんだね・・・ もうすぐ2000年代の最初の10年が終わります。 それまで馴染みだった「パソコン通信」のホストがかの2000年問題、いわゆる「Y2K」に ひっかかって突然消えてしまった、そんな嫌な形で始まった「ゼロ年代」 やっとこの嫌な年が終わるかと思ったら12月になって父の重病が発覚、そして翌年7月 人生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう7月も終わり

早いもので、もう7月も終わってしまう。 2002年から、7月1日は私や家族にとって特別な思いを持って迎える日となった。 父、あるいは夫、兄弟、他にも様々な思い出で我が父とのつながりを持つ人たちにとって。 ところで、1973~74年頃子供だった、今、40代の半ばくらいから50代くらいの人にとって 10年前のこの日、つまり199…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい冷蔵庫と暮らして(1)

今年の2月に、新しい冷蔵庫に買い換えました。 「どうせ買うなら、ここに置ける最大級のやつにしよう」などと、欲張って 買ったのが、パナソニックのこの機種。 今はどうか知りませんが、少なくとも当時メーカー最大級のやつでした。 我が家が迎える初めての「パナソニック」ブランドの白物家電でもありました。 設置が可能かどうかは購入前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閉店から1年・・・ジャスコ長田店を偲ぶ(2)

もう前の書き込みからさらに二か月が過ぎてしまいましたね。 今日はジャスコ長田店の「月命日」です。 こうしてこの店の思い出話をいろいろ書いているので、よっぽど開店から店じまいまでの 一部始終を見たような常連みたいに思われるかも知れませんが、私個人のこの店との付き合いは 1992年、「ジャスコカード」、今のイオンカードを持ってか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特捜最前線

昔、すごく好きなドラマだった「特捜最前線」。 今、家庭教師のトライのCMで使われていますね。 現在「ファミリー劇場」で放送されていますが、今やってるのは 大幅にメンバーを入れ替えた1985年秋以降のものなので 見たり見なかったりだったのですが、この前何か特別な事情で 1977年の第一話が放送されました。 ちょうどこの頃、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

さようなら 長崎屋御影店(1)

もう早くもウィキペディアの「過去に存在した店」にリストアップされてました。長崎屋御影店。 私にとっては、昨日(土曜日)に訪れたのが最後の来店となりました。 火曜日に訪れた時以上に棚はスカスカになってましたね。 店内は撮影禁止なんですが、これは4階の男子トイレの窓から写した阪神御影駅。 ウォシュレット付きのいいトイレでした、は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎屋御影店、閉店へ(2)

もう日付けが変わったので一昨日となりますが、長崎屋御影店を訪れました。 店内の、食品売場などはもうかなり棚もスカスカになっています。去年の今頃のジャスコ長田店、あるいは かつてのダイエーハーバーランド店や、もう震災の前になりますが、わずか2年あまりで撤退した ハーバーランドの神戸西武百貨店・・・さまざまな記憶がよみがえって来ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎屋御影店、閉店へ(1)

東神戸で38年に渡って親しまれてきた店がその歴史に幕を下ろす事になりました。 長崎屋御影店。これは今年の初めくらいに撮影したものですが、もしかしたら新たな顧客になったかも知れない バックに見える高層マンションの完成を見る事なく閉店する事になってしまいました。 昨年秋に一度閉店が発表されましたが、地域住民や利用者の存続を求める声…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閉店から1年・・・ジャスコ長田店を偲ぶ(1)

ちょうど丸1年前の今日、神戸・長田で長きに渡って親しまれてきたある店が その長い歴史の幕を降ろしました。 1966(昭和41年)開店のジャスコ長田店です。 大きなデパートやスーパーの閉店というと、閉店時間が来ると店員や関係者が一同揃って、店長などが 最後の挨拶をして、そして劇場の幕が降りるみたいに店のシャッターが店員一同の挨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪御所公園のこと(2)

夕暮れ時を迎えた雪御所公園、天王川と石井川の合流地点付近です。 夜桜を楽しめるのでしょう、提灯が連なっています。 ちょっぴり無気味に写る影は、阪神大水害の慰霊塔です。 これは「神戸市水害復興 勤労奉仕記念」(1938)より、水害直後の合流地点付近。 昨年は阪神大水害から70年の節目の年でしたが、この中心的な慰霊碑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日から始まる 阪神なんば線

阪神三宮にて。やはり神戸で見る「奈良」の行き先は新鮮さを感じます。 近鉄の普通車両というと、やはりこの色ですね。「近鉄が神戸にやって来た」という 印象をより強く感じます。 近鉄ご自慢のLCカーです。 当然、駅にも奈良方面の料金表が設置されました。いつか名古屋や伊勢までの分も・・・・・? 神戸、あるいはも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい冷蔵庫の受け入れ態勢

明日日曜日の午前には新しい冷蔵庫が来る。 先週からずっと「今日がお前と過ごす最後のン曜日だな」なんて思いながら 過ごしてきたけど、明日の今頃はもう君は、ここにはいない。 いわゆる「汚部屋」状態の部屋をとにかくも冷蔵庫の搬出・搬入のために 作業半径の範囲だけは片付ける。 並行して冷蔵庫内部の整理も進めてきたが、こんなのも出てきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷蔵庫の買い替え

約11年間使ってきた冷蔵庫・・・去年の秋くらいから何か異常が見られるようになった。 自動製氷の氷もすごく時間がかかるようになってきたし、チルド室など、それまでは 凍てついて困るくらいだったのに、中のものが腐ってカビたりするようになった。 しばらく様子を見ていたけど、もうこれは新しくしないとダメだな、と思い 冬の間に買い替える事に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阪神電車の駅の音

昨日、帰宅のために阪神梅田駅に行くと、何か「違う」と感じました。 発車の時のチャイム、というのか、音が変わってるんですね。 以前は・・・音を文字にするのは難しいですが・・・発車ホームによって、 「チャチャンチャチャンチャチャンチャチャン・・・」 「ジャンジャンジャンジャンジャーン、ジャンジャンジャンジャンジャーーン」 と。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「バカボン」の記憶

もう40年くらい前だろうか、私が幼稚園児だった頃、父から 「これ、面白いぞ」と一冊の漫画本を渡された。タイトルは 「天才バカボンのおやじ」 天才バカボンといえば誰もが知る赤塚不二夫氏の名作であるが、これは 一般に広く知られる、少年マガジンに連載されていたものではない 大人向けのバージョンだった。 父は自分自身が楽しむために漫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more