今年は日清カップヌードル発売から50年

タイトルの通り、今年はカップヌードルが世に出て半世紀になる。
湯をわかすだけでいい、鍋は必要ない。
チキンラーメンだと丼は別に用意しなければならないが、その必要すらない。
(ベビースターラーメンと同じように、そのまま食うこともできるけどね)
画期的な商品が登場したものだと思った。
物価水準からして、ちょっと高かったけど。

10年前、40周年の時は「もう一度味わいたい、今はない商品」と言う
アンケートがあって「天そば」が一位になった。
今回も何かイベントがあるとは思うが、今のところ、その動きは見られない。

発売当初、カップヌードルを買うと、専用のプラスチックのフォークをくれたものだ。
その印象が強いせいか、今でもオリジナルのカップヌードルを味わう時は
フォークを使うことが多い。家の金属製のやつだけど。
検索すると、フォークで味わうことにこだわる方は他にもおられるようだ。
「プラスチック製でなければダメだ」と言う方もおられる様だが、
市販のプラスチックのフォークって、どうもカップヌードルには大き過ぎるものが多く、
使いづらいし、それに、ゴミはあまり増やしたくない。
そういや、コンビニはスプーンやフォークも有料化される方向だとか。

最近「レトロ自販機」が脚光を浴びているが、
昔、カップヌードルの自販機があった。
いや、今でもあるのだが、今あるのは、まず
ヌードルが出てきた後、それを取り出して、
自分で蓋を開けて、給湯するところにセットする、というものだが、
かつて、全てをオートでやってくれる自販機があった。
金を入れてボタンを押すと、ヌードルが出てきてそのままセットされ、
そこに給湯の管が降りてきて、蓋を突き破る。
そして熱湯が注がれ、あとは三分待つだけだ。
残念ながらこのタイプの自販機は、もう現存しない様だ。

今夜もまた、不健康な食生活の夜を過ごすことになりそうだ。
もうしばらく、夜のひとときを・・・

書いていて思い出したけど、かつて訪れた、
深江の石田鶏卵さん、もう長いこと行ってないな・・・
またあそこの自販機のうどんを味わいたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2021年03月25日 23:43
ビニルは外して、自販機が蓋を突き破ったような。
フォークは、先が少しイビツでふたを留める用だった。
どん兵衛が出る前のそばは美味しかった。
西日本はそば文化じゃないので新鮮でした。JALのビジネスで似た物が提供されてた。
えるどらど
2021年03月27日 20:55
一般人さま

今、売られているそばのカップ麺では、
日清の「江戸そば」がお気に入りです。