山陽電鉄5000系

今日の帰宅時、山陽の5000系の、四両編成の各停に新開地から乗った。
シートは張替えられてはいるが、オリジナルのあの一方向きの固定クロスシートが
今も残されている。
1986年だったか、兵庫県内の私鉄がクロスシート不毛地帯となって久しかった、
と言うより、私はクロス車があった時の記憶が無い・・・
そんな中で、この車両が登場した時のインパクトは大きかった。
でも「どうせ、すぐにロングに改造されるんだろうな」とも思っていた。

あれから35年を経て、今もクロスのまま残っている。
そして阪急神戸線や阪神にも、クロス車が復活した。

かつては、神戸電鉄にもクロス車があったと聞く。
300系、だったかな、
クロスといっても、いわゆる「ロマンスシート」ではなく
ボックスシートだったみたいだけど。
ロング改造後の車両には、何度か乗った事がある。
非貫通の、一時期大流行した二枚窓の、
「湘南型」と呼ばれるスタイルだった。
個人的には「ブタ電」なんて呼んでいたが(笑)

今年は神戸市電全廃から半世紀となる。
こちらにも「ロマンスカー」があったと聞く。
今やもう伝説だけど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント