名実共に児玉清氏のいない「アタック25」

もう日付けは変わったので昨日になるが、36年に渡って司会を勤められた児玉清氏が他界した後の
最初の、通常の「アタック25」だった。
正式に後継者となったらしい浦川アナウンサーに、いよいよ本当のプレッシャーがかかるのだろうか・・・
児玉清氏の思いの中には、自分がいよいよ出来なくなった時にはぜひこの人に、という人はいたのかな?
12日の収録から復帰、という情報が一部であっただけに、あそこまで悪い状態だとは知らなかった。
改めて、ご冥福を祈りたい。

ところで日曜の、関西発のクイズ番組の司会の「清」さんというと思い出すのが、
かつて「アップダウンクイズ」の司会を長く勤められた「小池清」さんである。
今、30代の後半以上の方ならご記憶だろうか。
ロート製薬の単独提供番組のあの「ロート、ロートロート~~~」のオープニングと共に
強烈な印象が今もなお残っている。
小池清氏は毎日放送の局アナで、番組開始20年を機会に司会を退かれた。
「アタック25」とは逆に、局アナから芸能人(西郷輝彦)へと交代したが、番組はその後
2年で終了してしまった。
西郷氏が悪いわけではなく、もともと人気の低下傾向はあったみたいだが・・・
「アタック25」は、これからどうなるのだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 最後のアタック25

    Excerpt: 枯れ専人気の代表 児玉清 ‎2011年5月23日‎ 児玉が朝日放送の「アタック25」で「チャンス」という時に「手の震えが多かった」とか「少なか.. Weblog: ブログ縦断!ニュース速報 racked: 2011-05-30 14:45